野鳥

ハクセキレイの特徴・鳴き声・分布・食性

ハクセキレイは、スズメ目セキレイ科に属する鳥類です。全長21cm、白いほおに黒い過眼線、澄んだ声が特徴です。開けた環境を好み、主に河川や農耕地、市街地の空き地で見られます。分布は広く、春夏は北日本、秋冬は積雪のない地域に多いです。餌は主に昆虫で、地上で採食します。鳴き声は「チュチュン、チュチュン」と聞こえ、また「チュリー」などとも鳴きます。雌は雄よりも黒味が少ないのが特徴です。西日本には過眼線がない亜種がいます。

特徴

外見

ハクセキレイは、全長21cmの小型の鳥です。白いほおに黒い過眼線、澄んだ声が特徴です。雌雄で体色に差があり、雄は雌よりも黒味が強いのが特徴です。

オス メス
黒っぽい 茶色っぽい

分布と生息地

ハクセキレイは、分布が広く、ユーラシア大陸、アフリカ、オーストラリアに生息しています。日本では、春夏は北日本、秋冬は積雪のない地域に多いです。開けた環境を好み、主に河川や農耕地、市街地の空き地で見られます。

  • 河川
  • 農耕地
  • 市街地の空き地

特徴
特徴

鳴き声

さえずり

ハクセキレイのさえずりは、「チュチュン、チュチュン」と聞こえます。澄んだ声で、遠くまで響きます。また、「チュリー」などとも鳴きます。さえずりは、主に繁殖期に聞かれます。

さえずりの特徴

ハクセキレイのさえずりは、以下の特徴があります。

特徴 説明
テンポ 速く、リズムがあります。
音程 高めの音程で鳴きます。
声量 遠くまで響く大きな声で鳴きます。

警戒音

ハクセキレイは、危険を感じると「チッ、チッ」と警戒音を発します。この警戒音は、短く、鋭い声で鳴きます。

コミュニケーション

ハクセキレイは、さえずりや警戒音をコミュニケーション手段として使用します。さえずりは、縄張りの主張や求愛などのコミュニケーションに使用されます。警戒音は、危険を知らせるために使用されます。

分布と生息地

生息地

ハクセキレイは、開けた環境を好み、主に河川や農耕地、市街地の空き地で見られます。河川では、浅瀬や中州で採食している姿をよく見かけます。農耕地では、水田や畑で昆虫を捕まえています。市街地では、公園や河川敷、空き地などで見られます。

  • 河川
  • 農耕地
  • 市街地の空き地

分布

ハクセキレイは、分布が広く、ユーラシア大陸、アフリカ、オーストラリアに生息しています。日本では、春夏は北日本、秋冬は積雪のない地域に多いです。特に、河川や湖沼の近くで多く見られます。

地域 時期
北日本 春夏
積雪のない地域 秋冬

分布と生息地
分布と生息地

食性

ハクセキレイの主食は昆虫です。主に地上で採食し、アリ、ハエ、バッタなどを食べます。また、ミミズやクモなども食べることがあります。水辺では、水生昆虫や小魚を捕まえて食べることもあります。

採食方法

ハクセキレイは、主に地上で採食します。素早く走り回ったり、ホバリングしたりして、昆虫を捕まえます。また、水辺では、水中に飛び込んで小魚を捕まえることもあります。ハクセキレイは、視力が優れており、遠くからでも獲物を発見することができます。

採食方法
昆虫 地上で採食、ホバリング
水生昆虫 水中に飛び込む
小魚 水中に飛び込む

食性
食性

亜種

西日本亜種

西日本には、過眼線がない亜種がいます。この亜種は、本州中部以西の地域に分布しています。体長は本州亜種とほぼ同じですが、過眼線がないのが特徴です。また、雌雄の体色差も本州亜種よりも小さい傾向があります。

亜種 分布 特徴
本州亜種 本州中部以東 過眼線がある
西日本亜種 本州中部以西 過眼線がない

中国亜種

中国には、本州亜種よりもやや小型の亜種が分布しています。この亜種は、中国南部から東南部にかけての地域に生息しています。体長は18~20cm程度で、本州亜種よりもやや黒っぽい体色をしています。

  • 体長:18~20cm
  • 体色:本州亜種よりもやや黒っぽい
  • 分布:中国南部から東南部

亜種
亜種

その他

寿命

ハクセキレイの寿命は、一般的に3~5年と言われています。しかし、中には10年以上生きる個体もいるようです。

平均寿命 最長寿命
3~5年 10年以上

保護状況

ハクセキレイは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「低危険種(LC)」に分類されています。個体数は安定しており、絶滅の心配はありません。

文化

ハクセキレイは、日本各地で親しまれている鳥です。古くから俳句や和歌などに詠まれてきました。また、縁起の良い鳥とされ、幸運を運んでくると信じられています。

  • 俳句:春や昔 白鶺鴒(せきれい)の 羽ばたき(与謝蕪村)
  • 和歌:白き鳥 飛びゆく空に 春風や 心なごます 朝ぼらけ(藤原定家)

その他
その他

ハクセキレイ

ハクセキレイは、その美しい鳴き声と特徴的な外見で、日本各地で広く親しまれている鳥です。開けた環境を好み、河川や農耕地、市街地の空き地などで見ることができます。餌は主に昆虫で、地上で採食します。分布は広く、春夏は北日本、秋冬は積雪のない地域に多いです。鳴き声は「チュチュン、チュチュン」と聞こえ、また「チュリー」などとも鳴きます。雌は雄よりも黒味が少ないのが特徴です。西日本には過眼線がない亜種がいます。

Related Articles

Back to top button