野鳥

カワラヒワの特徴や生態、鳴き声などを詳しく解説!

スズメ目アトリ科に属するカワラヒワは、肌色で太めのくちばし、翼と尾に黄色の帯があるのが特徴です。全長は14cmで、九州以北に生息しています。林、草地、農耕地、河原などに普通に見られ、市街地では空き地でタンポポなどの種子を食べることもあります。樹上に細い草を使った小さなおわん形の巣をつくります。黄色い帯が飛ぶとよく目立ちます。

解説

カワラヒワの特徴

カワラヒワはスズメ目アトリ科に属する鳥で、肌色で太めのくちばし、翼と尾に黄色の帯があるのが特徴です。全長は14cmで、九州以北に生息しています。林、草地、農耕地、河原などに普通に見られ、市街地では空き地でタンポポなどの種子を食べることもあります。樹上に細い草を使った小さなおわん形の巣をつくります。黄色い帯が飛ぶとよく目立ちます。

カワラヒワの形態
項目 特徴
全長 14cm
くちばし 太く、肌色
翼と尾 黄色の帯がある
生息地 九州以北

カワラヒワの生態

カワラヒワは雑食性で、主に植物の種子や果実を食べます。昆虫やクモなどの小動物を食べることもあります。繁殖期は4~7月で、1回に4~6個の卵を産みます。抱卵期間は約12日で、雛は孵化後約18日で巣立ちます。カワラヒワは群れで生活することが多く、冬には数百羽から数千羽の群れになることもあります。

  • カワラヒワの食性:植物の種子、果実、昆虫、クモなど
  • カワラヒワの繁殖期:4~7月
  • カワラヒワの抱卵期間:約12日
  • カワラヒワの雛の巣立ち時期:孵化後約18日

解説
解説

鳴き声

高く透き通った声

カワラヒワの鳴き声は、高く透き通った声で「キリリリ」と聞こえます。さえずりは「キリリコロロ、チョンチョンジューィ。ジューィ」と繰り返すこともあります。高い声でよく鳴くため、カワラヒワの姿が見えなくても鳴き声で存在に気づくことができます。

また、カワラヒワは集団で生活することが多く、群れで鳴くときは「ジュリジュリ」と聞こえることもあります。

さえずりの特徴

カワラヒワのさえずりの特徴
特徴
基本的な鳴き声 「キリリリ」
さえずり 「キリリコロロ、チョンチョンジューィ。ジューィ」
群れで鳴くとき 「ジュリジュリ」

さえずりの違い

  • オスの方がメスよりもさえずりが長い
  • 繁殖期になるとさえずりが活発になる
  • 地域によって鳴き声に方言がある

鳴き声
鳴き声

この種も見てみる

ウグイス

ウグイスは、カワラヒワと同じくスズメ目アトリ科に属する鳥です。体長は約15cmで、カワラヒワより少し大きめです。体色は地味なオリーブ色で、目だけが大きく目立ちます。ウグイスはさえずりが美しいことで知られており、「ホーホケキョ」と鳴きます。

ウグイスとカワラヒワの比較
項目 ウグイス カワラヒワ
全長 約15cm 14cm
体色 オリーブ色 肌色
さえずり 「ホーホケキョ」 「キリリリ」

シメ

シメは、カワラヒワと同じくスズメ目アトリ科に属する鳥です。体長は約18cmで、カワラヒワより少し大きめです。体色は灰色で、頭頂部に赤い冠羽があります。シメは雑食性で、植物の種子や果実、昆虫などを食べます。

  • シメの体長:約18cm
  • シメの体色:灰色
  • シメの頭頂部:赤い冠羽
  • シメの食性:雑食性

この種も見てみる
この種も見てみる

カワラヒワの特徴

カワラヒワはスズメ目アトリ科に属する鳥で、肌色で太めのくちばし、翼と尾に黄色の帯があるのが特徴です。全長は14cmで、九州以北に生息しています。林、草地、農耕地、河原などに普通に見られ、市街地では空き地でタンポポなどの種子を食べることもあります。樹上に細い草を使った小さなおわん形の巣をつくります。黄色い帯が飛ぶとよく目立ちます。

形態

カワラヒワの形態
項目 特徴
全長 14cm
くちばし 太く、肌色
翼と尾 黄色の帯がある
生息地 九州以北

生態

カワラヒワは雑食性で、主に植物の種子や果実を食べます。昆虫やクモなどの小動物を食べることもあります。繁殖期は4~7月で、1回に4~6個の卵を産みます。抱卵期間は約12日で、雛は孵化後約18日で巣立ちます。カワラヒワは群れで生活することが多く、冬には数百羽から数千羽の群れになることもあります。

  • カワラヒワの食性:植物の種子、果実、昆虫、クモなど
  • カワラヒワの繁殖期:4~7月
  • カワラヒワの抱卵期間:約12日
  • カワラヒワの雛の巣立ち時期:孵化後約18日
カワラヒワの生態

食性

カワラヒワは雑食性で、主に植物の種子や果実を食べます。昆虫やクモなどの小動物を食べることもあります。特に、タンポポの種子が大好物です。

カワラヒワの食性
植物性 動物性
種子 昆虫
果実 クモ

繁殖

カワラヒワの繁殖期は4~7月です。オスはさえずりでメスを呼び寄せ、ペアが形成されます。メスは樹上に細い草を使った小さなおわん形の巣をつくり、1回に4~6個の卵を産みます。抱卵期間は約12日で、雛は孵化後約18日で巣立ちます。

  • 繁殖期:4~7月
  • 産卵数:4~6個
  • 抱卵期間:約12日
  • 巣立ち時期:孵化後約18日

社会性

カワラヒワは群れで生活することが多く、冬には数百羽から数千羽の群れになることもあります。群れで行動することで、外敵から身を守ったり、餌を見つけたりすることができます。

また、カワラヒワは縄張り意識が強く、自分の縄張りに入ってきた他の鳥を追い払うことがあります。

カワラヒワの生態
カワラヒワの生態

Final Thought

カワラヒワは、黄色い帯と高い声の鳴き声が特徴的な鳥です。市街地でも見かけることができ、身近な自然を楽しむのにぴったりの鳥と言えます。バードウォッチング初心者の方にもおすすめです。

Related Articles

Back to top button