野鳥

アカハラ:分類、鳴き声、分布、食性、関連種

アカハラは、日本で見られる一般的な野鳥です。今回は、アカハラの分類や形態、鳴き声、分布や生息地、食性や繁殖、関連種について詳しく解説していきます。ぜひ最後までお読みいただき、アカハラについてより深く理解していただければ幸いです。

分類と形態

分類

アカハラは、スズメ目ヒタキ科に属する鳥類です。ヒタキ科には、ウグイスやコマドリ、オオルリなどの多くの種類が含まれます。

分類 学名
動物界
脊索動物門
鳥綱
スズメ目
ヒタキ科
Turdus
Turdus chrysolaus

形態

アカハラの全長は約24cmで、スズメよりもやや大きめです。体の上面はオリーブ褐色で、胸から脇腹にかけて赤茶色をしています。翼には2本の白い筋があり、尾羽は赤褐色です。嘴は黒く、脚は暗褐色をしています。

  • 全長:約24cm
  • 体重:約60g
  • 翼開長:約35cm
  • 上面:オリーブ褐色
  • 下面:胸から脇腹にかけて赤茶色
  • 嘴:黒色
  • 脚:暗褐色

アカハラは、その名の通り、胸から脇腹にかけて赤茶色をしているのが特徴です。この赤茶色の部分は、繁殖期になるとさらに鮮やかになります。

分類と形態
分類と形態

鳴き声

さえずり

アカハラのさえずりは、「キャランキャランチリリ」と震えるような声です。主に繁殖期にオスがさえずり、縄張りを主張したり、メスを誘ったりします。

さえずりの特徴

  • 震えるような声
  • 「キャランキャランチリリ」と聞こえる
  • 繁殖期にオスがさえずる
  • 縄張りを主張したり、メスを誘ったりする
鳴き声の種類 特徴
さえずり 震えるような声で、「キャランキャランチリリ」と聞こえる
さえずり 主に繁殖期にオスがさえずる
さえずり 縄張りを主張したり、メスを誘ったりする
分布と生息地

分布

アカハラは、日本全国に分布しています。本州以北の山地や東北、北海道の林で繁殖し、秋冬は積雪のない地域の林に生息します。また、朝鮮半島や中国、ロシア東部にも分布しています。

地域 分布状況
本州以北 繁殖地
東北 繁殖地
北海道 繁殖地
積雪のない地域 秋冬に生息
朝鮮半島 分布
中国 分布
ロシア東部 分布

生息地

アカハラは、落葉広葉樹林や針葉樹林、二次林などさまざまな森林に生息しています。また、公園や庭園などの緑地でも見ることができます。地上や低木層で採餌することが多く、樹上ではあまり見られません。

  • 落葉広葉樹林
  • 針葉樹林
  • 二次林
  • 公園
  • 庭園

アカハラは、森林だけでなく、緑地でも見られる身近な野鳥です。ぜひ、お近くのの公園や庭園でアカハラを観察してみてください。

分布と生息地
分布と生息地

食性と繁殖

食性

アカハラは、主に昆虫類や果実を食べます。昆虫類では、バッタやコオロギ、ハエ、アブなどの飛翔性の昆虫を捕食します。果実では、ヤマグワやサンシュユ、ミカンなどの甘い果実を好みます。

餌の種類 特徴
昆虫類 バッタ、コオロギ、ハエ、アブなどの飛翔性の昆虫
果実 ヤマグワ、サンシュユ、ミカンなどの甘い果実

繁殖

アカハラの繁殖期は、4月から7月頃です。オスは縄張りを形成し、さえずりでメスを誘います。メスが縄張りに入ると、オスは求愛ディスプレイを行います。求愛ディスプレイでは、オスが尾羽を上下に振りながら、さえずります。

アカハラの求愛ディスプレイは、とても美しいので、ぜひ一度観察してみてください。

  • 繁殖期:4月から7月頃
  • オスが縄張りを形成する
  • オスがさえずりでメスを誘う
  • オスが求愛ディスプレイを行う

食性と繁殖
食性と繁殖

関連種

アオジ

アオジは、アカハラと同じヒタキ科に属する鳥類です。全長は約15cmで、アカハラよりも一回り小さいです。上面はオリーブ褐色で、下面は淡い黄色をしています。頭頂部には青みがかった灰色の斑紋があり、これが名前の由来になっています。

アオジは、アカハラよりも高い山地に生息することが多いです。また、アオジは群れで生活することがありますが、アカハラは単独で生活することが多いです。

分類 アカハラ アオジ
全長 約24cm 約15cm
上面 オリーブ褐色 オリーブ褐色
下面 胸から脇腹にかけて赤茶色 淡い黄色
頭頂部 なし 青みがかった灰色の斑紋
生活様式 単独で生活することが多い 群れで生活することが多い

キジバト

キジバトは、ハト科に属する鳥類です。全長は約33cmで、アカハラよりも一回り大きいです。上面は灰褐色で、下面は淡い灰色をしています。首の後ろには、紫色の光沢のある斑紋があります。また、尾羽には黒い帯があります。

  • キジバトは、アカハラよりも開けた場所に生息することが多いです。
  • キジバトは、地面で採餌することが多いですが、アカハラは地上や低木層で採餌することが多いです。
  • キジバトは、群れで生活することが多いですが、アカハラは単独で生活することが多いです。

関連種
関連種

Final Thought

アカハラは、鳴き声や行動が愛らしい野鳥です。日本各地で見ることができますので、ぜひ観察してみてください。また、本記事で紹介したアカハラの分類や形態、鳴き声、分布や生息地、食性や繁殖、関連種についての情報を参考にしていただければ幸いです。

Related Articles

Back to top button